釧路川の夕べ 細岡と達古武湖(たっこぶこ)


道東 中標津(なかしべつ)で店舗兼用住宅の新築の打ち合わせをすることになり、
折角なのでジムニーにカヌーを載せて行って、釧路川や屈斜路湖でカヌークルージングを楽しむことに。



釧路川 細岡04


札幌から5時間余り走り、移動日の宿泊地は達古武湖畔に。
その近くの細岡で釧路川を川辺から覗きます。


釧路川 細岡03


この辺りは釣り人も多くて、川辺は人の通り径が無数にありました。


釧路川 細岡02


傾いた陽射しを水面に写す釧路川。


釧路川 細岡01




近いので細岡展望台にも行ってみました。


釧路川 細岡 サワシバ01


細岡展望台への歩道を登っていく途中、美しい新葉に目が留まりました。
最初はブナの新葉かと思いましたが、ブナの北限地は黒松内ですから。
親切なことに、ある幹に樹種名票が付いていました。「サワシバ」です。
海外では「BlueBeech(青いブナ)」とも呼ばれている種なので、似ているところもあるようです。




釧路川 細岡展望台01


細岡展望台から望む、夕陽に優しく包まれる釧路川と釧路湿原。
まだ枯れたままの草原は金色に。うっすらと緑も差してきています。


奥にぼんやりと見える起伏は、右側が雄阿寒岳(おあかんだけ)。
中央付近に見えるのが雌阿寒岳(めあかんだけ)と阿寒富士。


釧路川 細岡展望台02


日本でこんな原初的な風景をまだ見られることに感謝。
いつまでもこのまま在り続けて欲しいです。




達古武湖畔に戻った時には、日が落ちていました。
赤く暮れなずむ西の空とさざなむ湖水面。


釧路川 達古武湖01



静かで悠とした釧路川と釧路湿原の風景と、爽やかな初夏の空気に癒された夕べでした。




北海道 札幌の建築家 設計事務所 hausgras
住宅設計 家と庭の設計デザイン 

hausgras ハウスグラス


hausgras デイリーブログ

札幌 円山の家から


hausgras もうひとりのスタッフブログ

YOHAKU BLOG



スポンサーサイト

飛騨高山 江名子川沿いの桜


およそ1年振りに飛騨高山へ。
今年は稀に見る早さで、江名子川(えなこがわ)沿いの桜が満開になっていました。



江名子川沿いの桜04


江名子川に覆い冠るような枝振りのソメイヨシノが見事。
誰しもが思わず足を止めて見入ってしまいます。


江名子川沿いの桜06





江名子川沿いの桜09


日下部邸(くさかべてい)の裏手、漆喰塀の桜も。
背景の建物の佇まいがよいので、桜もよく映えます。


江名子川沿いの桜10





江名子川沿いの桜07


枝垂れ桜は外国人観光客に人気のようです。
木造の「やたい橋」に腰掛けて。


江名子川沿いの桜03


観光客の少なくなる夕方には、同じ枝垂れ桜の傍らのベンチに腰掛けて本を読む人の姿が。


江名子川沿いの桜02





そして人だけでなく。


江名子川沿いの桜05


江名子川でのんびりと憩う鴨たち。


聞き覚えのある鳴き声は、ヒヨドリ。
桜の花の蜜をしきりに吸っていました。


江名子川沿いの桜08





江名子川沿いの桜11



江名子川沿いの桜01


左京橋の上でしばし佇んでいると、桜の花吹雪が。
もう散り始めてしまうのです。


かつて城郭の一辺を成していた小川と、その川縁にぽつぽつと在る古木が咲かせる桜の花。
いつまでもここに居たくなる風情をたたえた、桜咲く江名子川でした。




北海道 札幌の建築家 設計事務所 hausgras
住宅設計 家と庭の設計デザイン 

hausgras ハウスグラス


hausgras デイリーブログ

札幌 円山の家から


hausgras もうひとりのスタッフブログ

YOHAKU BLOG



新緑の支笏湖の蒼さ


新緑で満たされている、6月の支笏湖にやってきました。



新緑の支笏湖の蒼さ02


モーラップキャンプ場の駐車場も緑でいっぱい。
湖畔の樹の葉は大きくて勢いがあります。




新緑の支笏湖の蒼さ01


どこもかしこも青い、蒼い。


新緑の支笏湖の蒼さ03





新緑の支笏湖の蒼さ04


水の色も、
湖畔の森を写す緑色と、青空を写す青色と。


新緑の支笏湖の蒼さ05





新緑の支笏湖の蒼さ10


ひと漕ぎ後の一服。恵庭岳を正面に。
カヌーをオットマン代わりにして、くつろぐひととき。






新緑の支笏湖の蒼さ08


今月からヒメマス釣りが解禁になった支笏湖。
ここでもライズが、そこかしこで見られました。
(ライズしているのはアメマスかもしれません)


それを狙う釣り人も多数やってきています。
岸からボートから。


新緑の支笏湖の蒼さ09





新緑の支笏湖の蒼さ06


時より気持ちのよい、そよ風のが吹き、さざなむ水面の、穏やかな午後。


カヌーを乾かしながら、親子カヌーをぼんやりと眺める。
湖と山と空。その中に浮かぶ、カヌーと人の美しいシルエット。


新緑の支笏湖の蒼さ07



午後だけのショートステイ。
いつものことながら、支笏湖がこんな近くにあることに感謝です。





北海道 札幌の建築家 設計事務所
住宅設計 家と庭の設計デザイン 

hausgras ハウスグラス


hausgras デイリーブログ

札幌 円山の家から


hausgras もうひとりのスタッフブログ

YOHAKU BLOG



冬の羊蹄山山麓 半月湖を歩く


羊蹄山(ようていざん)山麓にある半月湖(はんげつこ)を歩いてみました。

半月湖自然公園野営場の駐車場から登っていきます。



半月湖07


白樺の多く生えている針広混交林の遊歩道。
冬でも多くの人が辿っているようで、
雪の小径は堅く締まっていたので、ツボ足でも行けそうです。


緩やかな傾斜道を十数分行くと半月湖がもう見えてきました。


半月湖08




半月湖10


湖面までの数十メートルの崖は、ジグザクで勾配も急なので、
スキーを置いてツボ足で降りました。


湖面に大の字。


半月湖06




半月湖02


半月湖は標高が高くない湖。本当に凍っているのでしょうか。
雪を掘って確認してみます。


半月湖04


20センチ程の雪の下から氷が出てきましたが、
指先で簡単に穴が空く、不完全な氷結のようです。
これを見て、ちょっと怖くなってきました。


半月湖03




薄影の太陽と半月湖。

半月湖も元は、あの太陽のように円形だったようですが、
湖の真中に噴丘が出てきてしまって半月型となったようです。
その丘によって分断された湖の片割れは「新月湖」。
新月湖の水は涸れてしまったようですが、その跡は残っています。


半月湖01




半月湖05


半月湖はお手軽なスノーハイクのコースなようで、
この日もいくつかのガイドツアーがやって来ていました。
欧米人のガイドさんに、東アジア人のお客さんという組み合わせばかり。
ニセコ羊蹄山エリアは、すっかり国際観光地です。


この3人組ツアーは、この後、湖畔で外カフェしていました。


半月湖09



半月湖への往復1時間余り。
とてもお手軽なスノーハイキングでした。





北海道 札幌の建築家 設計事務所
住宅設計 家と庭の設計デザイン 

hausgras ハウスグラス


hausgras デイリーブログ

札幌 円山の家から


hausgras もうひとりのスタッフブログ

YOHAKU BLOG



支笏湖 氷濤まつり(ひょうとうまつり)


支笏湖 氷濤まつり(ひょうとうまつり)に行ってきました。
今年で39回目だそうです。
会場内の氷のオブジェ、構造物づくりは、昨年11月から始められ、
スタッフの方々の昼夜の作業で力作ばかりです。



支笏湖氷濤まつり04


まず驚くのは氷の青さ。
支笏湖の水と寒さがつくる「支笏湖ブルー」。
何とも美しい青です。


支笏湖氷濤まつり05





支笏湖氷濤まつり02


苔の洞門(こけのどうもん)を模した、氷の洞門。


支笏湖氷濤まつり07


トドマツの葉が無数に氷結されて、深みあるモスグリーン。
トドマツの香りも満ちていて、
フィトンチッドの効果か、爽やかな気分になるような。


支笏湖氷濤まつり09





支笏湖氷濤まつり01


氷の回廊。
中は2〜3層の螺旋状スロープになっていて、
中庭に向って明かり取り窓が連続してあります。
とてもよくできた氷の構造物。


支笏湖氷濤まつり06





支笏湖氷濤まつり08


「ビックマウンテン」と名付けられた、氷の円筒壁です。
高さは6〜7メートルくらいあるでしょうか。
間近で見上げた時のボリューム感、氷の色と造形美にあんぐり。


支笏湖氷濤まつり03


夕方4時半から点灯されるライトアップの景色も、
また違った美しさなのでしょう。



氷の造形を存分に堪能した後は、
支笏湖カヌーショップ「かのあ」さんのカフェで、
美味しい「本気のコーヒー」とスウィーツをいただきました。
いろいろとお腹いっぱいの一日、ありがとうございます。


支笏湖氷濤まつり10



この氷濤まつりの氷のオブジェと構造物づくりには、
かのあスタッフの方々が、主力として加わっているそうです。

支笏湖 氷濤まつりは、今週末19日日曜日まで。





北海道 札幌の建築家 設計事務所
住宅設計 家と庭の設計デザイン 

hausgras ハウスグラス


hausgras デイリーブログ

札幌 円山の家から


hausgras もうひとりのスタッフブログ

YOHAKU BLOG