吹きだまりと雪庇(せっぴ)

札幌 円山は昨日から吹雪に見舞われています。
雪の量はそれほどでもありませんが、風を伴った雪は、
家の風下側や、道の除雪でできた雪山の風下側に、
細かく締まって吹きだまっています。

我が家の東側にも、強い西風で運ばれてきた細かい雪が急激に積もり上がりました。


fukidamari01.jpg


窓前に複雑な気流も生じているようで、一旦舞い上げられて、
大きな波のような形になっています。


fukidamari02.jpg


1.5メートルは積もって今シーズン最大。
室内から見ると迫力があります。




seppi01.jpg


もちろん、こんな状況では屋根にも雪庇(せっぴ)が発達しています。
跳ね出し70センチ程。これも今シーズン最大。


seppi02.jpg




東の窓前の吹きだまりは、
今日の夕方までにさらに30センチ程大きくなりました。


fukidamari03.jpg



美しいと思えるばかりでもない、
こんな厳しい雪の風景も、札幌ではよくあることです。





hausgras もう一人のスタッフブログ

YOHAKU BLOG


hausgras デイリーブログ

札幌 円山の家から


札幌の設計事務所 住宅設計 家と庭の設計デザイン 
北海道札幌市中央区円山西町

hausgras ハウスグラス


スポンサーサイト