FC2ブログ

中庭を巡って登り窯へ(河井寛次郎記念館 その3)

京都 東山五条坂の陶匠 河井寛次郎の旧邸宅には、町家にしては広めの中庭があります。

中庭も上の段、下の段と高低差があり、上から下の中庭を鳥瞰。
笹と萩。砂利と屋根瓦。そして格子戸が並ぶ木の住まいの簡素さがとても美しい。
右下端に見えているのはマダラ葉の青木(アオキ)でしょうか。


kawaikanjiro31.jpg


この中庭には、往年、河井寛次郎の作品が所狭しと置かれていたそうです。




北西にある母屋から、南東にある陶工房と登り釜へは、
この中庭をぐるっと巡るようにつくられた渡り廊下で繋がっています。


kawaikanjiro32.jpg




kawaikanjiro33.jpg



kawaikanjiro34.jpg


上の段の中庭。
右手が陶工房で、藤棚のある窓辺に轆轤(ろくろ)が2基。




kawaikanjiro35.jpg


中庭に面した軒下空間には、河井寛次郎が集めた椅子が並べられています。


kawaikanjiro36.jpg





kawaikanjiro37.jpg


この登り窯を1920年(大正9年)に清水焼の陶工 清水六兵衛(きよみずろくべえ)から譲り受け、
それを機に五条坂のこの場所を住まいに。

河井寛次郎が「鐘渓窯」(しょうけいよう)と名付けたこの登り窯、
五条坂の斜面地形に添っているのだとか。
そして100年以上も存在し続けている。この地の主のようです。


kawaikanjiro38.jpg



家屋内も外もぐるりと巡って見渡すことができる。
同じ所も見る向きや高さが変わると違って見えます。

河井寛次郎の旧邸宅と仕事場をまた訪れて、
仕事も暮らしも、美しさを感じる場、発想する場。
改めてそう思います。




hausgras もう一人のスタッフブログ

YOHAKU BLOG


hausgras デイリーブログ

札幌 円山の家から


札幌の設計事務所 住宅設計 家と庭の設計デザイン 
北海道札幌市中央区円山西町

hausgras ハウスグラス


スポンサーサイト

楽在其中(河井寛次郎記念館 その2)

京都 東山五条坂にある陶匠 河井寛次郎の旧邸宅。

家の中心に吹き抜けがあり、
2階の回廊から1階の囲炉裏空間が気持ちよく見渡せます。


kawaikanjiro21.jpg




kawaikanjiro22.jpg


導線は行止ることなくぐるりと巡れ、
視線も上下左右へ広々と開放されていきます。


kawaikanjiro23.jpg


空間全体の連続性の中、
狭まったちょっとしたスペースが、とても居心地よさそうに思えます。

円テーブルとして使っているのは、逆さに置かれた松の大臼。
骨太で彫刻的な椅子は河井寛次郎のデザイン。





kawaikanjiro24.jpg


ふた間続きのお座敷も、段差を設けて「上の間」と、ひと工夫あります。




kawaikanjiro25.jpg


床の間に掛けられた掛け軸。

「楽在其中」

河井寛次郎のご息女 須也子さんがご結婚されたお祝いに、
柳宗悦から贈られた、中国泰山の石碑からの拓本(石摺り)だそうです。


kawaikanjiro26.jpg


「暮らしが仕事 仕事が暮らし」


「仕事が仕事をしてゐます 仕事は毎日元気です
 出来ない事のない仕事 どんな事でも仕事はします
 いやな事でも進んでします 進む事しか知らない仕事 びっくりする程力出す
 知らない事のない仕事 きけば何でも教へます たのめば何でもはたします
 仕事の一番すきなのは くるしむ事がすきなのだ
 苦しい事は仕事にまかせ さあさ吾等はたのしみましょう」



その3につづく




hausgras もう一人のスタッフブログ

YOHAKU BLOG


hausgras デイリーブログ

札幌 円山の家から


札幌の設計事務所 住宅設計 家と庭の設計デザイン 
北海道札幌市中央区円山西町

hausgras ハウスグラス



通り抜け土間と朝鮮張りの床(河井寛次郎記念館 その1)

京都東山五条坂にある「河井寛次郎記念館」(かわいかんじろうきねんかん)に行ってきました。
私はこれで三度目の訪問。京都に来るとなると、なぜか寄っていきたくなる場所です。

民藝運動に深く関わった陶匠 河井寛次郎の、今から80年前の昭和12年に建てられた自宅と工房。
河井寛次郎自身の設計で、日本各地の民家を範とし、特に飛騨高山の民家を意識されていたようですから、
京都の町家でありながら、より素朴で簡素そして少し骨太な印象が全体的に漂っていて懐かしくもあります。



kawaikanjiro01.jpg


「河井寛次郎記念館」のケヤキ一枚板に白文字の看板は、
棟方志功(むなかたしこう)が描き、黒田辰秋(くろだたつあき)の彫ったもの。

そして、京都 町家のファザード要素が揃い踏み。
「格子戸」(こうしど)
「犬矢来」(いぬやらい)
「簾掛け」(すだれかけ)

しかし、一般的な京都の町家に比べ、格子の隙間は広く、部材寸法も大きい。


kawaikanjiro00.jpg


簾(すだれ)のように掛けてありますが、よく見ると葦簀(よしず)でした。
茎に大きな空洞のある、ヨシ、アシ、オギ、ススキなどを編んだよしずの方が遮熱効果はあります。

各所に河井寛次郎特有の感性が垣間みられるのでした。





kawaikanjiro02.jpg


入り口の引き戸をくぐると、角平石が敷き並べられた土間通路があります。
突きあたりの引き戸は中庭に続いているようですが、今は通り抜けできず。
とても魅力的な導線なのでとても惜しい。
この土間空間、今は来館受付や靴脱ぎスペースとして機能。
本来の姿ではなくなっていますが仕方ありません。


kawaikanjiro03.jpg


土間通路に平行して右手には、10センチ程上がって床板空間が広がっています。
この高さの差はとても好印象。
この家に漂う「敷居が低い」ということを建築的に感じます。


kawaikanjiro04.jpg




kawaikanjiro05.jpg


床板は松でしょうか。よい丸み具合。
杉やトドマツの床板より、少しヒンヤリした肌触りです。
しかし、この艶照りはなかなかよいもの。木材にはそれぞれ違う魅力があります。

床の張り方は、日本では珍しい「朝鮮張り」(ちょうせんばり)を基にした独自のもの。
1尺毎に大引材(角材)が通っていて、その間に床板がはめ込んであります。

朝鮮張りには大引材を井桁に組んだ格子状タイプもあり。
木材が豊富に無かったかつての朝鮮半島で、
板の幅がまちまちでも、板が短くても、見栄えよい床面となるよう工夫された特有の意匠。
土地柄、周辺各国に翻弄されていた朝鮮半島は、フロンティア種の松が常に多くあり、
李朝(李氏朝鮮)の瀟洒な家具も松材で作られていることがほとんど。

この床を見て私は、河井寛次郎の朝鮮文化へのオマージュを感じます。


kawaikanjiro06.jpg





kawaikanjiro07.jpg


板間の応接スペースには、感じのよい囲炉裏(いろり)。
この路端でたくさんの来客と興じ合ったのでしょう。


kawaikanjiro08.jpg


その2につづく




hausgras もう一人のスタッフブログ

YOHAKU BLOG


hausgras デイリーブログ

札幌 円山の家から


札幌の設計事務所 住宅設計 家と庭の設計デザイン 
北海道札幌市中央区円山西町

hausgras ハウスグラス