FC2ブログ

百草(ももぐさ)の空間


ギャルリ百草(ももぐさ)の室内へ。

ちなみに今、ギャルリももぐさでは、
富山在住のガラス作家 ピーター アイビーさんの作品が展示されています。
薄くて繊細なエッジの美しい作品の数々でした。



momogusa28.jpg


玄関の軽快滑らかな格子の引き戸をくぐると、三和土(たたき)の土間。
艶っぽいところや欠け凹み、縦横に走る割れも自然な意匠にも見えます。


momogusa23.jpg




momogusa30.jpg


高い上がり框を上がると、梁が間近に大きく迫ってきます。


momogusa27.jpg





momogusa24.jpg


格子戸とヨシズ屋根を透かして注ぐ陽射し。
室内が黄金色のグラデーションに。


広い座敷は50畳もあるでしょうか。
縁側もその脇に接して庭へと視界が抜けますから、かなり広がりを感じます。


momogusa22.jpg



momogusa26.jpg



momogusa29.jpg




momogusa21.jpg


L字の縁側の一番奥にはにじり口。


広い広い座敷を通った後に、この4畳ばかりのほの暗い茶室に辿り着く。


momogusa25.jpg




momogusa31.jpg


何でしょう。
最小限、簡素でありながら、とても濃密に感じるこの場は。


momogusa32.jpg



広がりとミニマム。
空間の面白さを改めて感じさせられました。




hausgras もうひとりのスタッフブログ

YOHAKU BLOG


hausgras デイリーブログ

札幌 円山の家から


札幌の設計事務所 住宅設計 家と庭の設計デザイン 
北海道札幌市中央区円山西町

hausgras ハウスグラス


スポンサーサイト

ギャルリ百草(ももぐさ)のアプローチ


陶磁器大産地の多治見にある工芸ギャラリー「ギャルリ百草(ももぐさ)」。
私たちが飛騨高山に暮らしていた15年くらい前までは、
何度か行く機会がありましたが、久しぶりに再訪しました。



momogusa11.jpg


以前は無かった敷地最下の駐車場から。
雑木林の中をゆったりと昇って行くアプローチです。


脇には草葉に埋もれる鉄板切り文字の「百草」。
サビ色と照りのある濃い緑の対比がよいです。


momogusa13.jpg




momogusa14.jpg


真っ直ぐではなく、ゆったり左へ右へと迂回する小径。
道祖神が佇んでいたり。


momogusa12.jpg




momogusa15.jpg


縁側に掛けられたスダレ。このスダレの奥の広い座敷がギャラリー。
明治中頃に建てられた名古屋市内の古民家を、ここに移築したそうです。




momogusa16.jpg


ヨシズ屋根が架かる日陰スペース。


庭には細長い御影石が敷かれ、玄関へと導きます。


momogusa19.jpg




momogusa17.jpg


玄関ポーチと表札。


momogusa18.jpg



室内へつづく。




hausgras もうひとりのスタッフブログ

YOHAKU BLOG


hausgras デイリーブログ

札幌 円山の家から


札幌の設計事務所 住宅設計 家と庭の設計デザイン 
北海道札幌市中央区円山西町

hausgras ハウスグラス