FC2ブログ

倉敷を歩く 倉敷珈琲館


倉敷川の中橋のすぐ傍に、倉敷珈琲館があります。
入口の赤い唐草文様の鉄扉が目印。



coffeekan05.jpg



coffeekan03.jpg



coffeekan07.jpg


暗めの店内は重厚な木の架構とガラス格子戸と家具。
奥には小さい中庭があり、そこは明るく気持ちがよさそうです。



coffeekan01.jpg


赤レンガの壁の上は、控えめな明るさのガラストップライト。
格子列の半分は模様を入れて、明るさ調整されています。


coffeekan09.jpg




coffeekan02.jpg


ガラス格子戸越しに中庭を眺めながら。


coffeekan06.jpg




coffeekan08.jpg


店内には焙煎スペースがあり、この時も実際に焙煎中。

音楽は流れていない代わりに、
コーヒー豆が焙煎されているサラサラという音、
それに何とも芳ばしいよい香りが漂います。


coffeekan04.jpg



パートナーから聞いた話では、
襟立博保さんから直接教えを受けた方が、
この倉敷珈琲館のオーナーさんなのだとか。

札幌のリヒト珈琲のことも思いつつ、しみじみとコーヒーを味わいました。




hausgras もうひとりのスタッフブログ

YOHAKU BLOG


hausgras デイリーブログ

札幌 円山の家から


札幌の設計事務所 住宅設計 家と庭の設計デザイン 
北海道札幌市中央区円山西町

hausgras ハウスグラス


スポンサーサイト

倉敷を歩く 倉敷川沿い


夜に降った雨に濡れた倉敷の古い町並み。
早朝、歩いて巡ります。



kurashiki002.jpg


倉敷川沿いの柳並木。
枝垂れて風に揺れる若葉は、蒼々として美しいです。


木船と柳並木、その奥には御影石造りの中橋と漆喰と貼り瓦の倉敷考古館。


kurashiki001.jpg



kurashiki004.jpg


メインストリートだけではなく、
路地のいくつかもとても魅かれる雰囲気なのです。


kurashiki008.jpg



kurashiki007.jpg


苔生す、三つ巴紋の丸瓦。


純白の漆喰と焼き板の黒。


kurashiki005.jpg


kurashiki009.jpg



こういう古い町並みを歩いていると、
限られた中でこそ生み出される、本当の豊かさを強く感じます。




hausgras もうひとりのスタッフブログ

YOHAKU BLOG


hausgras デイリーブログ

札幌 円山の家から


札幌の設計事務所 住宅設計 家と庭の設計デザイン 
北海道札幌市中央区円山西町

hausgras ハウスグラス