野原の庭(メドウガーデン、プレーリーガーデン)


今シーズン、大きく手を入れている札幌 円山の庭。
素朴で親しみあるハーブがメインの、爽やかな草原をイメージして。

春から初夏にかけて新しく植えたり、株分け、移植をした苗が、順調に生長しています。



meadowgarden22.jpg


ススキのシャープな葉と、アナベルの透明感のある白、アニスヒソップの品のある紫。
白と紫の組み合わせは高貴な感じで好きです。


meadowgarden25.jpg


黄色の淡い花のディルが入ってもよし。


meadowgarden24.jpg


サビ石の小径と赤レンガの外壁が程よく在って、
葉と花の色やみずみずしさを際立たせてくれます。


meadowgarden23.jpg





meadowgarden21.jpg


こちらは、草丈を抑えたローリーフのエリア。


meadowgarden27.jpg


シルバーで大きい葉のラムズイヤーを、アクセントとして点在させています。


meadowgarden28.jpg


自生の野草とグラス(イネ科などの草)も織り交ぜ、
この土地この家に合った、素朴な野原となるように。


meadowgarden26.jpg


日々変化する草と向き合いながら、どんどん手を加えていく。
昨日より今日、今日より明日。
関わることの楽しさが増していきます。

そして、花に頼り過ぎず、いろんな葉で織りなす美しさを。
hausgrasなりの小さな野原の庭(メドウガーデン、プレーリーガーデン)。

今シーズンは苗の育成がうまく進んだので、
来シーズンはかなりよい感じになると思います。





hausgras もうひとりのスタッフブログ

YOHAKU BLOG


hausgras デイリーブログ

札幌 円山の家から


札幌の設計事務所 住宅設計 家と庭の設計デザイン 
北海道札幌市中央区円山西町

hausgras ハウスグラス



スポンサーサイト