釧路川 細岡と達古武湖(たっこぶこ)


道東 中標津(なかしべつ)で店舗兼用住宅の新築の打ち合わせをすることになり、
折角なのでジムニーにカヌーを載せて行って、釧路川や屈斜路湖でカヌークルージングを楽しむことに。



釧路川 細岡04


札幌から5時間余り走り、移動日の宿泊地は達古武湖畔に。
その近くの細岡で釧路川を川辺から覗きます。


釧路川 細岡03


この辺りは釣り人も多くて、川辺は人の通り径が無数にありました。


釧路川 細岡02


傾いた陽射しを水面に写す釧路川。


釧路川 細岡01




近いので細岡展望台にも行ってみました。


釧路川 細岡 サワシバ01


細岡展望台への歩道を登っていく途中、美しい新葉に目が留まります。
最初はブナの新葉かと思いましたが、ブナの北限地は黒松内ですから。
親切なことにある幹に樹種名票が付いていました。「サワシバ」です。
海外では「BlueBeech(青いブナ)」とも呼ばれている種なので、似ているところもあるようです。




釧路川 細岡展望台01


細岡展望台から望む、夕陽に優しく包まれる釧路川と釧路湿原。
まだ枯れたままの草原は金色に。うっすらと緑も差してきています。


奥にぼんやりと見える起伏は、右側が雄阿寒岳(おあかんだけ)、中央に見えるのが雌阿寒岳(めあかんだけ)。


釧路川 細岡展望台02


日本でこんな原初的な風景をまだ見られることに感謝。
いつまでもこのまま在り続けて欲しいです。




達古武湖畔に戻った時には、日が落ちていました。
赤く暮れなずむ西の空とさざなむ湖水面。


釧路川 達古武湖01



静かで悠とした釧路川と釧路湿原の風景と、爽やかな初夏の空気に癒された夕べでした。




北海道 札幌の建築家 設計事務所 hausgras
住宅設計 家と庭の設計デザイン 

hausgras ハウスグラス


hausgras デイリーブログ

札幌 円山の家から


hausgras もうひとりのスタッフブログ

YOHAKU BLOG



スポンサーサイト

春の野草 百花繚乱


天気に恵まれた北海道のゴールデンウィーク前半、
太平洋側の新冠(にいかっぷ)と白老(しらおい)のキャンプ場へ野草の花見に出かけました。

今年は桜とコブシが同時に満開となった札幌。
北海道の春の野草、スプリングエフェメラルも同じく、百花繚乱(ひゃっかりょうらん)です。



カタクリ群生01


新冠の判官館(はんがんだて)森林公園キャンプ場では、カタクリが見頃でした。
この透き通った赤紫色と優雅な姿の花。春の野草の主役です。


カタクリアップ01




アズマイチゲアップ01


大輪の白花、アズミイチゲも所々に。




ニリンソウ群生01


そして、ニリンソウも。いつもはもう少し後に咲き始めるのですが。


しっかり二輪ずつ。
つぼみ先のピンクが愛らしいです。


ニリンソウアップ01




オオバナノエンレイソウアップ01


ひと際大きな白花で上向きなので、オオバナノエンレイソウかな。
今まで気づきませんでしたが、よく似たミヤマエンレイソウ(シロバナエンレイソウ)との違いを意識。




ギョウジャニンニク群生01


行者ニンニク(アイヌネギ)も群生していましたが、採るふりだけ。そのままにしておきました。


エゾエンゴサクは、もうそろそろお仕舞い。


エゾエンゴサクも01




白老のポロトの森キャンプ場では、ウツナイ川の湿地に生える野草の観察。


朝のミズバショウ01


こちらは水芭蕉が見頃でした。いたるところで群生しています。


朝のバイケイソウ01


スクっと佇む、バイケイソウ。


可憐な白花、ヒメイチゲ。


水際のヒメイチゲ01




アズキナ ユキザサ01


アズキナ(雪笹)も群生。
私たちは野草の姿を見るのが目的。こちらも採らずにそのままにしておきました。




フッキソウの花01


地味ですが、フッキソウの開花。


フッキソウ群生01



今年の春は、いろいろな野草が同時に咲くのが見られて楽しめました。




北海道 札幌の建築家 設計事務所 hausgras
住宅設計 家と庭の設計デザイン 

hausgras ハウスグラス


hausgras デイリーブログ

札幌 円山の家から


hausgras もうひとりのスタッフブログ

YOHAKU BLOG