FC2ブログ

赤レンガとトドマツ緑の家の完成写真


江別市内に新築した、赤レンガとトドマツ緑の家。
完成写真を撮らせていただきました。



江別の家 リビングダイニング12


この家は2階がリビングダイニングキッチン(LDK)。
平坦な住宅地ではこのプランがおすすめ。日中、室内で受け取れる光の量が違います。
そして、広々とした空間をつくることが可能に。


江別の家 ダイニングキッチン11


光が多く入っても、濃い色のオスモ(オイルステイン)で塗ったカラマツの天井板と床板が、
明るさを程よく抑えて、陰影のある落ち着いた雰囲気を醸し出します。


江別の家 リビングダイニング11





江別の家 キッチン11


キッチンカウンターはコの字型なので、最小限の動きでキッチンスペースを無駄無く使い切れます。


江別の家 キッチン12


キッチンの収納スペースは、全てアンダーカウンター。
それで尚更スッキリとしています。
建主さんのミニマムな暮らし振りなら、充分足りるということで。


江別の家 ダイニングキッチン13


ダイニングテーブル&チェアと一体感のあるオープンキッチンになりました。





書斎の窓からトドマツ12


2階書斎の窓からは、鉄道林のトドマツ林が眺められます。
これからの季節、枝に雪の積もったトドマツの姿も楽しみ。


書斎の窓からトドマツ11





江別の家 階段と鉄製手すり11



江別の家 階段11



江別の家 階段12



江別の家 アンティークガラス11


寒い朝にガラスにできる結晶をモチーフにしたアンティークガラス。
ちなみに、この家の高性能木製窓DOMUS(ドムス)は氷結しません。


江別の家 洗面11





江別の家 玄関12



江別の家 玄関11


玄関内土間と玄関ポーチ土間には、地元、江別野幌で焼かれた赤レンガを敷きました。
レンガの買い付け、レンガ敷きの施工とも、建主さんご家族で。


江別の家 赤レンガ敷き01



江別の家 赤レンガ敷き02


お子さんもしっかりお手伝い。


江別の家 赤レンガ敷き03


セルフビルドのレンガ敷きの出来映えは、味わいがあってよい感じになります。


江別の家 赤レンガ敷き04


来年は赤レンガ敷きのアプローチ造りも計画中。
地元の素材、赤レンガが少しずつ加わっていきます。





江別の家 玄関ポーチ11


北海道産カラマツ板の下見板張り(鎧張り)の外壁。


カラマツの無垢板自体の味わいに加えて、
大工さんが一枚一枚張っていくことで、得がたい風格が表れると思っています。


江別の家 外観12


これから年月を経て、よい具合に風化していくことでしょう。
無垢の木でなければ表れない経年変化をまとい、時間を超えた佇まいの家に。


江別の家 外観11



来春からは、この家に草木の緑も加わっていきます。




北海道 札幌の建築家 設計事務所 hausgras ハウスグラス
住宅設計 家と庭の設計デザイン 

hausgras ハウスグラス


hausgras デイリーブログ

札幌 円山の家から


hausgras もうひとりのスタッフブログ

YOHAKU BLOG


スポンサーサイト

アルテピアッツァ美唄の秋をゆっくりと


江別の家のお引き渡しを済ませたその後、
ちょっと息抜きにと向かったアルテピアッツァ美唄。
運よく、ちょうど紅葉がピークで快晴でもありました。



アルテピアッツァ美唄の秋03


丘に続く木道と紅葉と青空。
アルテピアッツァ美唄には何度も来ていますが、
いつも気持ちよく受け入れられている気がします。


アルテピアッツァ美唄の秋05


古い木造校舎と、散りばめられた安田侃 氏の彫刻の数々。




アルテピアッツァ美唄の秋08


校舎の傍のヤマザクラとキタコブシが赤と黄に紅葉して、
時折吹き抜ける風に、葉っぱをハラハラと散らしていきます。


アルテピアッツァ美唄の秋06


そんな様子をしばらく佇んで眺めていると、
校舎の犬走りを伝い、猫が近づいてきました。
猫も落葉をめでる思いがあるのかも。


アルテピアッツァ美唄の秋07





校舎をはなれ、カフェ アルテの方へ行ってみました。


アルテピアッツァ美唄の秋10


こちらは、イチョウとカエデの紅葉。
それらにそうようにある、赤い板金の入母屋の屋根が印象的でした。
軒が深くそれを支える太い丸太の列柱など、お寺や神社のような雰囲気があります。


アルテピアッツァ美唄の秋11


エゾマツ並木越しの格子窓のちょっと隠れている感じ。
端っこでひっそりと伸びる薪ストーブの煙突。
これらの佇まいもまたよし。


アルテピアッツァ美唄の秋12


この針葉樹の林の陰影と静けさも、懐かしく落ち着きます。


アルテピアッツァ美唄の秋09





アルテピアッツァ美唄の秋13


ブロンズ?の彫刻。
耳のような、はたまた顔のような。
こちらもじっと静かに在りました。


アルテピアッツァ美唄の秋14





アルテピアッツァ美唄の秋04



いつまでも居たくなるアルテピアッツァ美唄。
静かにそして心ゆくまで郷愁にひたれる場所です。




北海道 札幌の建築家 設計事務所 hausgras ハウスグラス
住宅設計 家と庭の設計デザイン 

hausgras ハウスグラス


hausgras デイリーブログ

札幌 円山の家から


hausgras もうひとりのスタッフブログ

YOHAKU BLOG