梁を組む


札幌市中央区で新築中の庭を囲む家。
建方(たてかた)の模様です。



tatekata201606.jpg


2階リビングに見える大黒柱と水平梁組み。
同じ組み合わせが2列あります。


tatekata201604.jpg



tatekata201601.jpg


梁組みには1本1本順番があり、それを間違えると組めなくなるので、
絵図等を確認しながら慎重に。


tatekata201607.jpg





tatekata201608.jpg


2本の大黒柱に支えられる棟梁。
断面寸法は幅5寸(150ミリ)梁背1尺2寸(360ミリ)の大梁です。


tatekata201609.jpg



tatekata201605.jpg


縦横、上下に梁が架け渡されることで、
構造全体がだんだん締まっていきます。


tatekata201603.jpg



tatekata201602.jpg


最後の梁は谷間の長尺材。
難しい箇所でしたが、構造屋さんと大工さんの合わせ技で綺麗に納まりました。
思わず拍手。


組み上がった2階の梁組み。


tatekata201610.jpg




tatekata201611.jpg


棟梁と桁梁(けたばり)には半間(45センチ)ピッチに溝を切り込んであり、
その溝に半割材を大入れして緊結していいきます。


tatekata201612.jpg


この上全面に構造用面材を張ることで、
小屋組みの面剛性が大いに発揮されます。


tatekata201613.jpg


室内側からの見上げ。
木組みの構造はいつ見ても美しいです。




hausgras もうひとりのスタッフブログ

YOHAKU BLOG


hausgras デイリーブログ

札幌 円山の家から


札幌の設計事務所 住宅設計 家と庭の設計デザイン 
北海道札幌市中央区円山西町

hausgras ハウスグラス



スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)