ネムノキを植える


札幌市北区の川辺の遊歩道につづく家の庭づくり。
まずは、合歓の木(ネムノキ)を植えました。

ネムノキはマメ科の樹で、
本州の川原などの痩せ地でよく見かけるたくましい樹ですが、
根を傷めると枯れてしまう性質があるので、移植が難しいとされています。
しかし、このネムノキは鉢植えにしておいたので、根を傷めること無く大丈夫。



nemunokiue00.jpg


室内からよく見える敷地の隅に植えることになりました。
川辺の遊歩道の草原との境で、歩く人にもよく見えることでしょう。


根回りの土には、完熟腐葉土堆肥をたっぷりとすき込みました。
根付きをよくするためにも欠かせないことです。


nemunokiue02.jpg




nemunokiue03.jpg


植えてすぐに水遣りをします。
お子さんたちもお手伝い。


nemunokiue04.jpg


表面根回りの土に凹みを作り、
水がしっかりと根元に回るようにしてから、
たっぷりと水をあげます。


nemunokiue05.jpg




nemunokiue06.jpg


ネムノキの葉。


ネムノキの花。


nemunokiue07.jpg



この場所ですくすくと育ち、
心和ませる樹になってくれますように。





hausgras もうひとりのスタッフブログ

YOHAKU BLOG


hausgras デイリーブログ

札幌 円山の家から


札幌の設計事務所 住宅設計 家と庭の設計デザイン 
北海道札幌市中央区円山西町

hausgras ハウスグラス



スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)