FC2ブログ

釧路湿原 塘路元村キャンプ場にて


釧路湿原の塘路湖畔(とうろこはん)にある塘路元村キャンプ場にて、
「釧路川カヌーミーティング」に備えて前泊することになりました。



塘路元村キャンプ場にて05


釧路川とカナディアンカヌー&キャンプをこよなく愛す、Kさんご夫妻がホストです。
タープやテーブル、焚火道具、そして料理もご用意していただき、
今回、私たちはゲスト的でとても楽をさせていただきました。


塘路元村キャンプ場にて09


白樺の皮(ガンピ)の焚き付けで、あっという間に火がつきます。
薪もKさんが割って乾燥させた白樺。
白樺の薪は、燃えは速いようですが、火花が散りにくくてよいようです。


塘路元村キャンプ場にて07





塘路元村キャンプ場にて10


焚火があると、自然とそこに人が集まってきます。
やっぱり、直火は格別なのです。


パピヨンのコロちゃんも焚火が気になる様子。
それとも、美味しそうなニオイに気づいてしまったかな。


塘路元村キャンプ場にて06


焚火を囲みながらまずは、
釧路名物 南蛮酊(なんばんてい)の「ザンタレ」をいただきました。
ザンギ(鶏の唐揚げ)に甘酸っぱいタレをかけたもの。
少し疲れた体に染みる味です。


塘路元村キャンプ場にて04





塘路元村キャンプ場にて08


持ち寄ったキャンプチェア。偶然にも同じ形でした。
コストパフォーマンスを踏まえて、よいと思えるモノは同じなのです。





塘路元村キャンプ場にて01


日が落ちて、しっとりとした空気感が増していきます。


人もだんだん増えてきます。
道東の酪農家あしやんさんは、自家製のゴーダーチーズを振る舞ってくれました。
お人柄のような、純朴な美味しさ。赤ワインによく合います。


塘路元村キャンプ場にて03


足寄でペンションを営んでいるAさんには、
フキ、クレソン、アイヌネギ、ウドなど山菜料理各種や、
スペシャルな美味しさのタモギダケパスタ、キンキ汁と、
道東の山の幸、海の幸、盛りだくさんのケータリングをしていただきました。


さらに、沙流川での特訓講習後に駆けつけたMさんご夫妻も加わり、
大勢で焚火を囲み、湖畔の夜を過ごしたのです。


塘路元村キャンプ場にて02



久しぶりのキャンプ。
素敵な方々と、とてもよい時間を過ごせました。





北海道 札幌の建築家 設計事務所
住宅設計 家と庭の設計デザイン 

hausgras ハウスグラス


hausgras デイリーブログ

札幌 円山の家から


hausgras もうひとりのスタッフブログ

YOHAKU BLOG



スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)