夏の円山 棟が上がる


札幌市中央区で新築工事中の、折り重なる屋根の家。
7月1日午前、無事に棟が上がりました。



建方 上棟01


2階の大黒柱と四方差しの梁。
この大黒柱の上に棟梁が掛かります。


棟梁と敷桁を繋ぐ登り梁は、
2.5間(4.5メートル)の長さが8本、1.5間(2.7メートル)の長さが16本掛かります。
その登り梁をクレーンで吊り揚げる準備。


建方 上棟03





建方 上棟04


まずは棟梁。


建方 上棟05


2間と1.5間の長さを大黒柱の1尺先で継ぎます。


上棟の瞬間。
夏の青々とした円山と快晴の空を背景に、最高のシーン。


建方 上棟06




続いて、登り梁受けの大梁も掛かりました。


建方 上棟07





建方 上棟10


北側は、2.5間(4.5メートル)の登り梁掛け。

この家の構造木材に集成材を採用したのは、
このようにスパン(支点間距離)の長いところが多くて、
無垢材では長材(2間を超える材)の確保が難しく、必要な強度も得られにくいからです。


建方 上棟08


南側は1.5間(2.7メートル)の登り梁が、登り梁受けの大梁を挟んで、1列に2本掛かります。


建方 上棟09





建方 上棟02


柱も梁も全て北海道産カラマツ材(集成材)。
赤味を帯びた独特の色をしています。




建方 上棟13


登り梁が全て組み上がると、登り梁の間に小梁を入れていきます。
ガッチリとした升目の梁組み。


建方 上棟11


この梁組みの上に構造用合板をピッタリと張り、屋根の面剛性をしっかり確保します。
構造用合板が張られて、その上に屋根防水シートを張れば、とりあえずの雨仕舞いは大丈夫。


建方 上棟12



月曜日から始まった建方。
この日土曜日の上棟まで、天気にも恵まれ、大工さん方の頑張りもあり、
とてもスムーズに進みました。感謝。




北海道 札幌の建築家 設計事務所
住宅設計 家と庭の設計デザイン 

hausgras ハウスグラス


hausgras デイリーブログ

札幌 円山の家から


hausgras もうひとりのスタッフブログ

YOHAKU BLOG


スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)