家から眺める雪と結晶


今冬シーズンは寒い日が多い札幌 円山。
そういう時は抗うことなく、心静かに集中して事務所で仕事に励む日々です。
(たまに?スキーに出かけますが)
ささやかな楽しみは、家から眺める雪と結晶。



雪と結晶04


夜に新しい雪が少しだけ積もり、そこに朝陽が当たると、雪の結晶が反射してキラめきます。
画像では捉えにくいですが、実際はもっと華やか。

新雪が冠ると、どれもこれも初々しく優しげな姿になるのがよいです。


雪と結晶03





雪と結晶01


放射冷却で冷え込んだ早朝の車のフロントガラスには、珍しい結晶(氷紋)ができていました。
亀甲紋のような。


雪と結晶02





雪と結晶06


降りたての雪が冠る樹々と神社山、隣家のトドマツと屋根。


そして、庭の枯れ草に積もる雪帽子。


雪と結晶05



長くて寒い冬の日々、こんな景色を見て少しだけ気持ちが温まる。
冬に雪が無かったら、どんなに味気ないことでしょう。





北海道 札幌の建築家 設計事務所 hausgras
住宅設計 家と庭の設計デザイン 

hausgras ハウスグラス


hausgras デイリーブログ

札幌 円山の家から


hausgras もうひとりのスタッフブログ

YOHAKU BLOG



スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)