釧路川の夕べ 細岡と達古武湖(たっこぶこ)


道東 中標津(なかしべつ)で店舗兼用住宅の新築の打ち合わせをすることになり、
折角なのでジムニーにカヌーを載せて行って、釧路川や屈斜路湖でカヌークルージングを楽しむことに。



釧路川 細岡04


札幌から5時間余り走り、移動日の宿泊地は達古武湖畔に。
その近くの細岡で釧路川を川辺から覗きます。


釧路川 細岡03


この辺りは釣り人も多くて、川辺は人の通り径が無数にありました。


釧路川 細岡02


傾いた陽射しを水面に写す釧路川。


釧路川 細岡01




近いので細岡展望台にも行ってみました。


釧路川 細岡 サワシバ01


細岡展望台への歩道を登っていく途中、美しい新葉に目が留まりました。
最初はブナの新葉かと思いましたが、ブナの北限地は黒松内ですから。
親切なことに、ある幹に樹種名票が付いていました。「サワシバ」です。
海外では「BlueBeech(青いブナ)」とも呼ばれている種なので、似ているところもあるようです。




釧路川 細岡展望台01


細岡展望台から望む、夕陽に優しく包まれる釧路川と釧路湿原。
まだ枯れたままの草原は金色に。うっすらと緑も差してきています。


奥にぼんやりと見える起伏は、右側が雄阿寒岳(おあかんだけ)。
中央付近に見えるのが雌阿寒岳(めあかんだけ)と阿寒富士。


釧路川 細岡展望台02


日本でこんな原初的な風景をまだ見られることに感謝。
いつまでもこのまま在り続けて欲しいです。




達古武湖畔に戻った時には、日が落ちていました。
赤く暮れなずむ西の空とさざなむ湖水面。


釧路川 達古武湖01



静かで悠とした釧路川と釧路湿原の風景と、爽やかな初夏の空気に癒された夕べでした。




北海道 札幌の建築家 設計事務所 hausgras
住宅設計 家と庭の設計デザイン 

hausgras ハウスグラス


hausgras デイリーブログ

札幌 円山の家から


hausgras もうひとりのスタッフブログ

YOHAKU BLOG



スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)