江別の家の木組み


江別の家の新築工事。
柱と梁が大工さんの手によって組まれていく建方(たてかた)の風景です。



江別の家 建方01


2階の広い空間には大黒柱と恵比寿柱があり、その柱どうしと東西南北の壁が四方指しの梁で結ばれます。


江別の家 建方04



江別の家 建方07



江別の家 建方02


5寸角の大黒柱と四方差し梁。


若い大工さんが梁の上にあがって、両引き金物を締め込みます。


江別の家 建方03




そして一番上に掛かる棟梁。


江別の家 建方12



江別の家 建方13



江別の家 建方14


5間の棟梁が組まれ、無事に上棟しました。




江別の家 建方06


続いて22本の登り梁が掛けられていきます。


江別の家 建方11



江別の家 建方09



江別の家 建方17


敷桁の継手は鎌継ぎ。登り梁と敷桁は蟻(あり)型掛けで。
1本1本組まれていくにつれて、より強固になっていく実感があります。


江別の家 建方10



江別の家 建方08



江別の家 建方15



江別の家 建方16



江別の家 建方18



シンプルで確かな骨格を持った家です。




北海道 札幌の建築家 設計事務所 hausgras
住宅設計 家と庭の設計デザイン 

hausgras ハウスグラス


hausgras デイリーブログ

札幌 円山の家から


hausgras もうひとりのスタッフブログ

YOHAKU BLOG



スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)