FC2ブログ

冬に向かう庭と草の穂


冬に少しずつ向かっていく札幌 円山の庭。
草にはまだ葉や穂が残り、そこに雪が降り積もっていきます。



赤レンガとタイムと雪11


玄関ポーチの赤レンガとタイムを覆う新雪。
蒼々としていたタイムが瞬く間に純白に。


ヤマブキの繁みはまだ枝に黄葉を残したまま、そこに雪が載っていきます。
こんな季節の狭間の混沌さが面白い。


ヤマブキの黄葉と雪11





レモンバームと雪11


レモンバームの枯れ穂立ちに積もっていく雪。タイムの枯れ穂にも。
寂しげな枯れ立ちも、雪が被るとちょっと見違えます。


赤レンガとタイムと雪12





チカラシバの枯れ穂に雪11


雪の載りやすいチカラシバの銀穂は、綿毛をまとったように。
アナベルの枯れ房も、シロップをかけたような。


アナベルとフウチソウと雪11





イトススキの穂と雪


イトススキは穂が出るのが遅いので、種が風に飛ばされる前に雪が降ってきました。
雪の重みで倒れてしまう前に刈り取り、室内へ。


イトススキの枯れ穂12


普通のススキより細みで丈が小さくまとめやすいので、見栄えよく飾れます。


イトススキの枯れ穂11





カラハナソウの枯れ穂11


カラハナソウの枯れ房。
松毬状(毬花)でしたが半分落ちて開き、これもまた花のように見えます。


ワイルドオーツの枯れ房。
小判型の小穂は、枯れてこの色になってから目に留まり、少し刈ってきました。


ワイルドオーツの枯れ穂11



冬と雪の訪れを眺めながら、秋の名残りをもう少しだけ。




北海道 札幌の建築家 設計事務所 hausgras ハウスグラス
住宅設計 家と庭の設計デザイン 

hausgras ハウスグラス


hausgras デイリーブログ

札幌 円山の家から


hausgras もうひとりのスタッフブログ

YOHAKU BLOG



スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)