FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風雪寒さ厳しい冬に建てたからこそ


俱知安の田園に新築中の家。
この家の工事が始まったのが、冬も始まった11月でした。
北海道でも有数の豪雪地域、しかも吹き荒ぶ北西の季節風を遮るものが何も無い田園地域にて、です。



風雪寒さ厳しい冬に建てたからこそ09


気温はマイナス3〜5℃でも、風速6〜8メートルなら、体感温度はマイナス10℃以下。
そんな身を切られる程の寒さの中で、建方(柱と梁の組み立て)は進められました。
木材や足場は凍りついて滑り、手先足先は凍え、大工さん達は苦労されていました。


風雪寒さ厳しい冬に建てたからこそ08


さらに、ニセコ地域は空前の建設ラッシュで、地元のクレーン車が手配できず。
結局、全ての柱と梁は、3人の大工さん達の人力のみで組み上げられました。

そういう時は、ベテラン大工さんの経験と知恵が活きます。
要所でそれらが発揮されていました。


風雪寒さ厳しい冬に建てたからこそ01





風雪寒さも厳しい冬に建てたからこそ03


組み上げらた柱と梁に降り積もる雪。

こんな厳しい自然環境にも充分耐えうる骨太さと配置間隔。
構造木材は、北海道の道南地域で育った道南杉(どうなんすぎ)で、
長さ2間(3.65メートル)までは無垢材、それ以上長い材は集成材を使っています。


風雪寒さ厳しい冬に建てたからこそ02





風雪寒さが厳しい冬に建てたからこそ10


その後、壁面材(構造用合板)を張る作業、屋根垂木を掛ける作業は速かったです。

この強烈な風雪と寒さをしのぐには、一刻も早く囲わなければ。
現場で連日作業されている大工さん、職人さん達は、切実にそう思ったはず。

また、屋根垂木を留める金物、屋根板金の下地の間隔など、
ここの風雪に充分耐え得る仕様にと、現場からの意見で変更されました。


風雪寒さ厳しい冬に建てたからそこ06




豪雪地域なので、屋根は板金横葺きで勾配は強め。スムーズに落雪するように。
軒先の低い玄関ポーチ辺りは、屋根から落ちた雪が溜まって繋がり、雪洞のようになっています。
毎冬こんな感じになることでしょう。


風雪寒さ厳しい冬に建てたからこそ05




風雪寒さ厳しい冬に建てたからこそ04


屋根と壁に充填された断熱材。
窓の開口はシートを仮貼りした状態ですが、断熱材が入ったお陰で、
ストーブを焚けば手袋無しでも作業できるくらいの室内温度を保てます。
ちなみにこの頃2週間ほど強烈な寒波が北海道を覆い、現場は連日、日中もマイナス10〜15℃以下でした。


屋根、壁、断熱材。
その存在の大きさ、恩恵をはっきりと意識させられた、新築中のこの家です。
風強く雪多く寒さ厳しい冬の北海道。
そんな自然により添う暮らしは、家への思いや期待はより強く。


風雪寒さ厳しい冬に建てたからこそ07




雪の羊蹄山11


雪をかぶり凛と佇む羊蹄山(ようていざん)。
こんな厳しくも美しい風景を、心穏やかに楽しめる家に。




北海道 札幌の建築設計事務所

家と草木のアトリエ hausgras ハウスグラス


hausgras デイリーブログ

札幌 円山の家から


hausgras もうひとりのスタッフブログ

YOHAKU BLOG



スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。