薪ストーブ煙突工事 屋外編

札幌 中央区の家の薪ストーブ煙突工事は室内と屋外同時に進みます。

屋根の上には、大工さんがつくった煙突を設置するトンネルの建屋(横板張りの直方体)があります。
この建屋の上部に、断熱2重煙突をはめ込んだステンレス製のスクエアキャップを被せ、建屋の屋根とします。



entotsu11.jpg





entotsu13.jpg



スクエアキャップには、煙突トンネルに溜まった熱気や水蒸気を排気できる「熱気抜き」が設けられています。
極小さいものですが、これが有るか無いかは雲泥の差。



entotsu12.jpg



煙突とスクエアキャップの隙間にはロックウールを充填したうえ、防水シール(コーキング)をします。

煙突廻りのことで、何が抜くべきもので、何が防ぐべきものか。
それをはっきり理解していないと、こういう込み入った細工はできません。



entotsu14.jpg



煙突とスクエアキャップのジョイント部分には、さらに防雨カバーが被せられました。



entotsu17.jpg



建屋から80センチ程、断熱2重煙突が立ち上がり、
最後に、煙突の頂部に円筒型の排気キャップが取り付けられます。



entotsu15.jpg



屋根からは煙突最丁部まで2メートル超の高さになりますから、比較的背の高い男性がやっと届くような感じ。



entotsu16.jpg



煙突工事翌日の晴天に立つ煙突。
屋根に昇らないと見ることが出来ない風景です。




hausgras もう一人のスタッフブログ

YOHAKU BLOG


hausgras デイリーブログ

札幌 円山の家から


北海道 札幌の住宅設計 家と庭の設計デザイン 建築設計事務所
札幌市中央区円山西町

hausgras ハウスグラス

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)