濱田庄司 益子参考館(はまだしょうじ ましこさんこうかん) その2

益子参考館には、濱田庄司(はまだしょうじ)が築いた陶工房と登り窯があります。



hamadakobo01.jpg


陶工房の西側切妻壁だけは土に漆喰が塗られていますが、他3面は土壁のまま。
ところどころ壁が剥がれ落ちていたり、薪が高く積まれていたりと、
混沌ざっくりとした雰囲気が、農的な建物の面影を残し好印象です。


hamadakobo03.jpg




hamadakobo02.jpg


長手側は上部の壁が跳ね出し、ちょっとしたピロティ空間が長く伸びています。
支柱の曲がり具合もおおらかで和みます。


hamadakobo05.jpg




hamadakobo04.jpg


ピロティに並べられた、臼のような陶土入れ。
濱田庄司が混合した土でしょうか、実際に乾いた土が入っていました。


hamadakobo06.jpg




hamadakobo07.jpg


工房の内部は障子窓側だけが明るく、
ろくろ廻りの高床以外は土間の空間です。


hamadakobo08.jpg




hamadakobo09.jpg


壁や天井は煤けて真っ黒。
今でも年に何度か工房内を燻して、カビや虫除けをしているようです。


hamadakobo12.jpg




hamadakobo11.jpg


陶工房のすぐ北東側には、1943年に作られた巨大な登り窯があります。
なんと135平方メートルもあるのだとか。
往年、濱田庄司はこの登り窯で年に2〜3回も窯焼きをしていたそうです。


hamadakobo13.jpg




hamadakobo10.jpg


薪や茅も積まれています。今でも窯焼きをされているのでしょう。


hamadakobo14.jpg




hamadakobo15.jpg


こちらは少し小さい赤絵窯。
2011年の震災でかなりの部分が崩落してしまったそうですが、
有志による援助を得て、現在このとおり修復されています。





hausgras もう一人のスタッフブログ

YOHAKU BLOG


hausgras デイリーブログ

札幌 円山の家から


札幌の設計事務所 住宅設計 家と庭の設計デザイン 
北海道札幌市中央区円山西町

hausgras ハウスグラス



スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)