石切場を訪れる

飛騨高山市の滝町に残る石切場を訪ねました。
この石切場で採れた石が、上三之町の用水側溝や千光寺の108段の石段、
宮川や江名子川の護岸石積みなどに使われています。
石切場を切り盛りしているのは、直ぐ傍にある「岩滝石材」さん。



ishikiriba01.jpg


この岩壁は、65万年も前に飛騨高山の東35キロの距離にある活火山の焼岳(やけだけ)から、
ここまで流れ下って来た火砕流が冷えて固まったものだと言われています。
淡いながらも柱状節理(ちゅうじょうせつり)が表れているのもその証し。

地質学上では、
「焼岳西側から噴出した上宝火砕流(かみたからかさいりゅう)による、
流紋岩質 溶結凝灰岩(りゅうもんがんしつ ようけつぎょうかいがん)」
との分析がなされています。

地元ではこれを「砂岩」(さがん)とか「砂岩質石」と呼ぶ方もおられるようですが、
「溶結凝灰岩」(ようけつぎょうかいがん)というのが本当です。


ishikiriba02.jpg


地上部分の高さは10メートルを超え、
さらに地下にも深さ10メートルの層となっているのだそう。


永い年月をかけて、岩壁の上には土が積もり、草木が生い茂っているのです。


ishikiriba05.jpg





ishikiriba04.jpg


岩滝石材さんは、この岩壁に直接張り付き、
ドリルで穴をあけ鉄のクサビを打ち込み、巨石を割り落とします。

そして、昔ながらの石工の道具である、
「コヤスケ」(石割りノミ)と「セットウ」(石用のカナヅチ)を使って石を成形加工していくのです。




千光寺の石段の仕事を請け負った際に、
新たに石切りの大型機械を導入したので、今ではスライス加工もできるそうですが、
以前はほとんどが手作業だったようです。


ishikiriba06.jpg


スライスしたての石肌はまだらな濃灰色。


ishikiriba07.jpg


スライスされた石の面をよく見ると、
垂直断面は小石が押し潰されたように見え、水平断面は小石がレンズ状に広がって見えます。
これは、火砕流が固まる際、その自重圧や溶結時の圧力で小石が押し潰された結果です。


所々には木片のような、有機物の残りカスが含まれていて、
火砕流が樹々をなぎ倒し呑み込んでいった様子をうかがい知れるのです。


ishikiriba08.jpg





ishikiriba09.jpg


原初的な道具を使った斜め筋掘りとハツられた石。
御影石のような硬い石ではなく、手道具での加工が比較的しやすかったこの石は、
飛騨地方に多く残る道祖神(どうそしん)の素材でもあります。

表面加工されたばかりの石は、少し明るい灰色になりますが、
多孔質で吸水性(吸収性)があるので、しだいに茶褐色にサビ色が出たり、三和土のような土色になったりと、
周囲の環境に同化しつつ風化していくのです。


ishikiriba10.jpg



ishikiriba11.jpg



見た目の風合いだけではなく、太古のロマンを感じさせるこの石を、
是非とも、hausgrasが手掛ける古い町屋の改修に使いたいと思っています。




hausgras もうひとりのスタッフブログ

YOHAKU BLOG


hausgras デイリーブログ

札幌 円山の家から


札幌の設計事務所 住宅設計 家と庭の設計デザイン 
北海道札幌市中央区円山西町

hausgras ハウスグラス


スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)