飛騨高山の古い町家の再生 1階の格子と石畳と漆喰壁


hausgrasが手掛けた、飛騨高山の古い町家の再生。
完成した姿を公開いたします。

まずは1階の格子と石畳と漆喰壁。



machiya10.jpg


左隣りの漆喰と下見張りの建物は、
近くの東山白山神社の祭礼の際に使われる、
神楽台(かぐらたい)が収納されている屋台蔵です。

マッシブな屋台蔵と対比するように、表格子とガラス戸でシースルー感溢れる町家。
全く違う意匠なのですが、一対の建築にも見えます。


machiya11.jpg


暖簾は本麻製で、藍染めをしたうえさらに柿渋で染め上げた「藍渋染め」。
風通りがとてもよいので、暖簾も気持ちよさそうに揺れます。


machiya12.jpg



machiya13.jpg



machiya14.jpg


1階の柱と梁は、この町家が建てられた明治8年(1875年)当時のまま残しています。
竹小舞組みの土壁だった壁は、左官やさんに土の重ね塗りで補強してもらい、漆喰塗りで仕上げています。
補強した土も、地元の山土にワラスサを入れて練って寝かし、左官屋さんが自作したもの。


machiya15.jpg



machiya16.jpg


1階の土間から江名子川に繋がる庭に敷き並べたのは、
この町家から東へ7〜8キロ程離れた渓谷で採れる地元の石です。
65万年前に北アルプスの焼岳が噴火して、そこから流れ下って来た火砕流が固まってできたもの。

石切場のすぐ傍にある岩滝石材さんに、
石の切り出しから加工、現場敷き並べまでを一貫して請け負っていただきました。


machiya17.jpg


昔ながらの表現の仕方で、表面は荒く叩いてもらいました。
硬さは御影石と大谷石の中間くらいで、加工は比較的しやすい石とはいえ、大変な手間がかかっています。

その甲斐あり、太めの目地、不陸な敷き具合と相まって、味わい深いよい雰囲気に仕上がりました。
風化変色もそれなりに進んでいき、どんどんこの場に馴染んでいくことでしょう。




machiya18.jpg


床板や壁板は、地元の杉材で新しくしました。

床板は厚さ35ミリ幅180ミリ。
分厚さと幅広さで、杉特有の足触りの柔らかさと温かさを充分に感じることができます。

壁板は特に杉の追柾(おいまさ)でお願いしています。
白い漆喰壁との相性を考慮して、壁板も静謐な繊細さを表現しました。


machiya19.jpg


出格子の「吹寄せ連子格子」の影。
そして玄関引戸の「高山格子」の影。


machiya20.jpg



純度の高い、美しい町家に生まれ変わりました。




この町家再生工事に関わっていただいた工事業者は、

大工 安藤建築(下岡本町)
製材 丸弘木材(新宮町)
左官 北川左官(大新町)
建具 谷本建具(松之木町)
石工 岩滝石材(滝町)
製畳 桑畳店(川原町)
解体 高原建機(鉄砲町)

皆さん地元 高山の方々です。感謝。




hausgras もうひとりのスタッフブログ

YOHAKU BLOG


hausgras デイリーブログ

札幌 円山の家から


札幌の設計事務所 住宅設計 家と庭の設計デザイン 
北海道札幌市中央区円山西町

hausgras ハウスグラス


スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)